上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このカテゴリの記事を表示

気づけば、MetaTraderが常時8個起動している状態になってしまった、FXジョーです。

MetaTraderのEA、実際にどれを使うのかは大事なので迷いどころです。

とにかく、情報量が多いものが良い結果をもたらしてくれるとは限らないので、偶然目にしたマイナーなEAであっても、せっかくのご縁を無駄にしたくないし、みすみす打ち出の小槌を逃すことにはなりたくないですね。

でも、見逃した場合には直接の実害はないので、イタシカユシ。

間違ったことがわからなければ、問題にはならないので、郵便の誤配と同じ。

だから、安心してあきらめたり、納得して使い始めたりするルーチンは、きちんと確保しておきたいものです。


バックテスト期間も目的をもって

ざっくりとは、短期・中期・長期を、それぞれやっとけばいいんじゃないでしょうか。

わたくしのイメージとしては、

短期:1ヶ月
中期:3ヶ月と半年
長期:12ヶ月

を大体のスパンとして分割しますが、どれが大事かは、そのEAがどういう視点で勝ちに行くものかで全く異なってしまうので、決めかねます。

とはいえ、デイトレが基本なわたくしFXジョーとしては、短期と中期をベースにしてバックテストをしています。

年間のバックテストは、今ではほとんどしてませんです。するとしても、短期や中期の結果についての累積を確認する目的で、ですね。だから、基本は短期のバックテストを重要視していると言ってもいいかもしれません

というのも、そもそも"日々"の積み重ねなので、例えば数十日あれば考えうるたいていの一日のパターンは出てるでしょう、という理解です。それに、例外な日があったとしても、だったら運悪く負けるというだけですから、そりゃあそんな日もあります

ここで厳密に考えすぎると、時折カーブフィッティングの門戸が気づかないくらい大胆に開いたり、場合によってはバックテスト悲観論者になりやすくなるんだと思います。

もっとも、業者のバックテストデータが過去のデータどおりか否かについては否定的なので、それによる"事故"があるかも、という面では2ミリバールくらい心配ではあります。

パラメータの設定を絞り込む

まず、やたらパラメータの種類が多いのは疑ってかかりたくなります。

「ロジック整ってないんじゃないの?」

そんなデリケートなのだったら、きっと相場の波に揉まれてエライコトなんじゃないかとハラハラドキドキです。

なにしろ基本は、〈キモなパラメータの総当り〉を挑む覚悟が必要だと思ってますから。

例えば、true/false(オンオフ)にしても、2つの数値を取るパラメータで、通貨ペアも、ある意味パラメータです。

念のため確認すると、パラメータの種類が3倍になると、組み合わせの総数は3乗になります。ちょっとしたインジケータですら、パラメータが3種類くらいあるってことも、そう珍しくないですよね・・・

また、できるだけ組み合わせの総数を減らすためにも、あらかじめどういう意図で勝てるとされているものかが判れば、自信を持って組み合わせの数を減らしていくことができます。

だから例えば、「通貨ペアはAUDNZD、時間帯はGMTの午後8時から2時間が推奨です。」なんてアナウンスされているとしたら、それはだいぶパラメータの種類を消しこんでくれていることだといえます。

まあ世知辛い世の中なので、当たりな選択のためには、時には信じないことも必要だと思いますけど・・・だとすると、信じる/信じないも、ひとつのパラメータですね。家電量販店のオススメ商品は、利が乗るものかダブついてるものだというのと似てるのか似てないのか。

なので、基本はアナウンスや評判を信じるとしても、ウラ設定的なものがないかどうかは、一応別口で疑いながら画面とニラメッコするようにはしています。

これが、新しいトレードロジックのアイディアになったり、評価する視点そのものの精度を高めたりもするでしょうし。

評価の指標を理解する

では、何をもってそのEAが使えそうがどうかを判断するんでしょうか。

端的にはプラスなのかマイナスなのか、ですよね。まさか勝負に負けてで試合勝った的なスポーツマンシップ気分にはならないことと思います。

他の記事でも書いてますが、FXジョー的3大要素は

  • 勝率
  • P/F(Profit Factor)
  • PRALAW (平均勝ち額に対する平均負け額の比)

です。そのほか、関連させるものとして、

  • DD[%] (ドローダウン率)
  • Expected Payoff(1トレードあたりの利益額)

さらに補助的というか、参考までに、

  • ShortとLongそれぞれの勝率の違い
  • 連敗数

あとは個別のトレード結果一覧やVisual Mode(でしたっけ)で、

  • S/L(Stop Loss)で終わってるのかロジックでcloseされているのか
  • 勝ち方や負け方に規則性があるのかないのか
  • 規則性がない負け方の要因が特定できるか

みたいなところを見る(考える)ようにしています。といっても家庭の事情での休養明けした5月ぐらいからですけど。

いかんせん初心者1年生なので、勝手に決め込んでます。

結局はどうしたかったか忘れない

総じて学んだのは、信じられないけど大勝ちできそうなのより、信じられて小勝ちできそうなほうが小市民には付き合いやすいのだろうってことでしょうか。

おそらく皆さん、最悪でも負けたくないわけでして。だったら、勝てないだけなら、理由をサッと見つけて乗り換えるのが精神衛生上よろしいですよね。

そもそも、軽く宝探しみたいなもんでしょうし。

まあその結果、例えば某有名な海外製有料EAとは、自信を持ってサヨナラすることができたFXジョーでした。

このカテゴリの記事を表示 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-15 火 23:33:29 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■お手製“兵器”ライブラリ

【MAMAcake】戦績

--勝--敗(%of won:-- P/F:-- POR:-- )

FXPRO レバ200
'17.05 +---USD(+--%)
'17.06 +---USD(+--%)
'17.07 +---USD(+--%)
'17.08 +---USD(+--%)
'17.09 +---USD(+--%)
'17.12 +---USD(+--%)
FXDD Malta レバ200
'17.05 +---USD(+--%)

オリジナルEA(乗式EA)

リアル稼動中

MAMAcake(v2-087)[ママケーキ]
B.B.E[Bull Bear Express]

最終テスト中

MAMAcake(v2-088)[ママケーキ]

原形製作中

Merry's[メリーズ]

草案(絵に描いた餅)

hinode[ヒノデ]
Silkload[シルクロード]
EuroStar[ユーロスター]

開発頓挫・使用停止

後方支援用品

インジケータ

MAMAband[ママバンド]
MAlayer[MAレイヤ]

集計用excelシート

リアル取引集計・グラフ化
バックテスト集計・グラフ化
フォワードテスト集計・グラフ化

■素人デイトレーダー

『鳴かぬなら
  忘れちゃうでしょ
     ホトトギス』

FX初心者 = FXジョー
FX初心者のFXジョー

FXジョーのメールアドレス

RSSを追加して新着チェック

■ブログ内検索

カスタム検索

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
4336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
1501位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。